2005年09月26日

ガムテープの包帯をしたチャールストン

木を切ったときに折れてしまったチャールストンをガムテープで補修しておいたら、3つの蕾のうちひとつが咲き始めた。あとのふたつも大丈夫。

050925charleston.jpg

トレリスの向こうの隣家の土地は整地が済んで砂利が敷きつめられている。こちらがわには道路沿いにあった大きな石が一列に並べられている。だからこの凄い雑草は放置されるのだろう。この後、裏に回って隣家の草刈をした。
posted by Fantin-Latour, at 19:54| Comment(0) | @山荘の庭2005後半 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーヌ・ド・ヴィオレットとラッフルズ・パッション

霧雨の中、新着の2つのバラの蕾が開いた。
レーヌ・ド・ヴィオレット(左)とラッフルズ・パッション。
レーヌは微かにバラらしい香りがする。

050925reine&ruffle.jpg
posted by Fantin-Latour, at 19:26| Comment(0) | @山荘の庭2005後半 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

しぶといバラ

050915kabaribi.jpg

またぽっちりと篝火が咲きました。ん? 茎が曲がっている?

ここだけではなく、もう一箇所は鋭角に折れ曲がっています。

050915kagaribikuki.jpg


台風で折れたもの。茎が細長いのでガムテープ補修で立てることはせずに様子をみていたところ、ちゃんと咲いてくれた。剪定でも、葉が少なくなると光合成ができないので、折っておくとよいそうだ。
posted by Fantin-Latour, at 13:50| Comment(0) | @東京の中庭2005後半 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。