2009年01月30日

2009年1月末の東京のバラたち

お隣との角の日当たりの良いところに置いたバラとツルハナナスとジャスミンの鉢、とても成長が良い。

2009年1月11日 018.jpg

バラはたぶんドロシー・パーキンス。昨年5月に580円で買った新苗だ。 

シュートが育ったのが良くわかる。細い枝もあるが、これを切ってしまうと下のほうに咲かないので剪定はしなかった。ドロシー・パーキンスは強いから、今年はこれで様子を見る。

2009年1月11日 019.jpg

ツルハナナスはスリット鉢に入れて埋め込んであるだけなので、これを外せばもっと大きくなるだろう。

羽衣ジャスミンは50センチに剪定したのにこんなに盛り上がった。お隣は全くガーデニングをしないので、うちのジャスミンがお隣の壁を登っても構わないといってくれている。

こちらは3月に250円で買ったバレリーナ2苗とグリーンアイス5月に咲いたときの写真 中庭の夏には光の当たるコーナーに植えた。

2009年1月11日 016.jpg

薬も撒かず、虫食い葉は手でとった。このくらいの量ならできる。葉が茂っているので、そのまま放置。剪定なし。

こちらは山から持ってきた気難しい[すみれの女]、レーヌ・デ・ヴィオレッテ。

2009年1月11日 017.jpg

剪定は山で適当に切っただけ。内側の都合が悪い方向に芽が出るかもしれないが、虫にやられたら切らなくちゃならないから、余裕を持ってこのまま。

なんか、剪定しなくちゃ芽が出ないみたいに思われているけれど、剪定しなくても芽は勝手に出る。芽が出てから取捨選択したってOKだと思う。

こちらは大鉢に寄せ植えした、誰にも真似してほしくないHTとフロリバンダ5つ。向こう側3つが国産苗、手前2つがジョイフル本田の中国苗。

2009年1月11日 014.jpg

ここは反対側のお隣のブロック塀の内側。やはり陽が嬉しいほど当たる。公平に陽が当たるように、ときどき方向を変えてやる。

寄せ植えのこの状況ではシュートは望めないので枯れ枝から出た細枝も芽があるので切り取らない。

寄せ植えといっても、下はプラ鉢を切り取ってパーティションを作ってあるので、どれかを間引くこともできる。

ま、花は小さくても、昨年は5種類のバラのどれかが咲いてくれた。バラがいつも咲く玄関先というのが目的の場所。

庭の環境状況と、バラの性質と、咲いてほしいイメージでそれぞれ違う育て方。といえば聞こえがよいが、バラバラな(バラだから)簡単バラ園芸。

プレゼント人気ブログランキング投票Thanks You!
.
.
.
posted by Fantin-Latour, at 13:26| Comment(0) | @東京の中庭2009年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

バラの下僕にはならないぞ!

バラ作りって子育てと似ている。ひとりっ子だとあれこれ構うが、子沢山だと余裕がなくなって放任になる。

少数のバラの鉢を育てているなら、いくら手をかけてもエネルギーを消耗することはない。だから決して下僕にはならない。バイオゴールドをたっぷり与えてもエンゲイ係数は高くならない。

多くのバラを育てていても、金持ちで誘引を業者にやらせることにできる人、庭師のいる人、バラ研究家(爆)で弟子のいる人、飲食業などで庭を美しく作ると見返りのある人、はいくらでも手をかければよい。

うちはガーデナーは私と夫だけで週末オンリーの作業なので時間がない。芝生の奴隷だった夫は昨年から自分の芝生を[原っぱ]と呼ぶようになって、小さな花をつける雑草を愛らしいと言うようになった。彼の内部で何か変化があったもよう。

私も今年からはもっとバラ作業を短縮する。

@ 雑草を気にしない。

A 虫はトラップと手で取る。
  虫探しって花に近づくのでけっこう楽しい。

B 病気は気にしない。枯れ死するとしたら別の理由だ。

C 夫に頼んでいた薬剤散布は一度だけにする。

そうして、もっとゆっくりと庭を眺める時間を創る。私のやることはエコとか無農薬自然主義とか、ひいてはお題目のLOHASとは無関係。ただただ省エネ。

プレゼント人気ブログランキング投票Thanks You!
.
.
.
posted by Fantin-Latour, at 13:49| Comment(2) | @山荘の庭2009年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

2009年のバラ園の大方針

大方針は
 
  私が死んでもそこそこバラの咲く庭を造ること。

  そのためには今から初期のバラを整理し、楽にメンテができるよう  に作り替えていこう。まずは死なないことが先決だから。 

@ 成長の遅いフロリバンダとハイブリッド・ティーは削除する。
  ★一年に一度一輪咲くだけのバラとさよなら。
  ★庭を形作らないバラはいらない。

A 成長の良いバラだけを優遇する。
  ★ ザ・フェアリーは新苗でもっと増やす。

B バラ園1号地のバラを間引いて夏にも美しい場所にする。
  ★ デルフィニウムとヴァーヴァスカム活用。
    寒冷地で夏越しできる宿根草をじゃんじゃん。

C バラゾウムシはチューリップの中にいるときにつぶす。
  カメムシはせっせと取る。
  コガネムシはコガネムシ・トラップで取る。
  これにゾウもカメも入りますように。

  アブラムシだけは春先にオルトラン顆粒を撒く。
  殺虫剤噴霧は一回くらいしようかな。

D 病気対策はしない。

  うどん粉は葉をちぎる。
  ハダニも葉をちぎる。広がったら仕方ないから薬剤散布。
  黒点病はほおっておく。

E 肥料は冬の堆肥だけ。

  自家製腐葉土+リンを盛ってやろう。

F 通販ではもうバラは買わない。

★ 早くも撤回。2年前蔓バラを買った育苗販売の方と電話でお話してじっくりと相談することができたので、買います。(2月3日)
★ 新苗は昨年は通販で買ったけれど、今年は実際に見て買える場所ができたので、そちらで。安いし。買った翌年は成長を見ることにするのが良いかも。
   
コテージ・ガーデン全体の大方針

プレゼント人気ブログランキング投票Thanks You!
.
.
.
posted by Fantin-Latour, at 10:41| Comment(0) | @山荘の庭2009年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。