2009年08月07日

ハイブリッド・ルゴサよ、あんたがたドコサ?

ハイブリッド・ルゴサの垣根は私がめずらしく計画的に作ったところだ。5月終わりに早咲きのブラン・ドゥーブル・ドゥ・クーベールが咲いたときは美しかった!

6月上旬には、フラウ・ダグマール・ハストルップもシャルル・アルバネルもきれいに咲いた!

でも、今日のハイブリッド・ルゴサ畑は緑一色。

009.jpg

手前の白はヴァーバスカム、中の白はカンパニュラ・・

茂ってはいるけれど、右の3分の一にあるはずのローテス・メイヤーに至ってはまだ花を見たことがない。

それはカメ虫が食べるから。春のゾウムシは新芽の先をシュッシュとしてやるだけで防げたけれど、カメムシには効かない。毎朝、見回りして襲っている現場で捕まえてつぶすしかないのだ。

カメムシは茂ったところに発生するというけれど、ぽつんと植わっているシャルル・アルバネルの新芽も同じく食べられている。

もう一辺の垣根はハマナスを植えた。そちらも次々食べられ向こうの林の野の花ばかりがめだつ。

012.jpg

大きな実がついている株もあるので、6月には咲いたのだった。

011.jpg

つまり、夏にはうちのハイブリッド・ルゴサは消えてしまうということがわかった。

そこで、ゲラニウムだけでは寂しいので、

 001.jpg

夏の花、白いカンパニュラ、イトシャジンを植えたのだ。

001.jpg

昨年植えた白いアスターも出てきている。

002.jpg

そして、ハマナスの後ろにには他で大きくなりすぎたマルバを移植した。

010.jpg

ここは1メートルくらい低くなっていて条件が悪く、白いバーバスカムの苗を植えたのだけれど育たなかった。

このマルバは[ウィンザー・キャッスル]というしゃれた名前がついていたので大事に育てていた。そうしたらにょきにょき大きくなって、

あら〜、ベランダでも木になってしまったマーロウじゃないの!
花色を見てみると、赤みが少なく上品で、[ウィンザー・キャッスル]という名前もアリかな、と思う。

これなら種でも増えるし、ここしかない、ということで8本全部移動させた。

夏のハイブリッド・ルゴサとハマナスの庭は積極的に[夏花壇]にしていこう。バラに固執してムシに目を光らすより楽しい。

001.JPG
posted by Fantin-Latour, at 10:05| @山荘の庭2009年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。