2009年09月16日

肉食系女子のバラ庭仕事 バラ園2号地

バラの蔓がフェンスを越えたら、どうするか? 夫は「邪魔だから切ってしまえ」と言った。だから、私は夫の留守にフェンスを足す。

2本の馬酔木の間に立てた一番古いフェンスを外して、張っていた紐や銅線も外して、

024.jpg

新しいフェンスを2つ立てた。

025.jpg

ここのメインは紫燕飛舞。2007年のまだフェンスもなかった時から美しく咲いている。

051.jpg

夏に太い枝が伸びて天辺で咲きはじめた。この枝を新しいフェンスに付けて、株元を整理してやると、2本あったうちの一本はだめになっていた。

028.jpg

馬酔木の葉陰になってしまって、フェアリーブルーも咲かなかった。でも、雑草を取ってやると土はふかふかだった。みみずの活躍地なので。

遅まきながら馬酔木の枝もずいぶん整理したから、これからは日当たりがよくなるだろう。このスペースにはデルフィニウムを植えるつもり。

新しく植えたランブラーのモーヴァーン・ヒルズは日陰でも生育がよく、このフェンスの下のほうは任せられるだろう。

026.jpg

049.jpg

デルバールの黄色い蔓バラ、デューンもここではまだ咲いていないが、新葉が出ているから期待できるかも。

029.jpg

日の当たるトレリスで咲いているデューンは鮮やかな黄色だ。

007.jpg

モーヴァーン・ヒルズのように退色しないので、少量咲けば十分。

さて、芝生に置いた古いフェンスは同じものを3連に使ったところに足す予定。

031.jpg

3連を全部使っているのはザ・ジェネラス・ガーデナー。この写真から飛び出して2メートルも新枝を伸ばしていて、それが夫が切ると言った枝。

ここにもうひとつ足して、その枝をぐわんと持って来ようと思う。

014.jpg

こういう風に咲いてもらう。

昨年新苗だったのに枝が伸びているデルバールのコンテス・ド・セギュールにもこのフェンスが必要だ。斜めに出ている新枝は2本ともコンテス。

033.jpg

でも、ここにはクレマチスが這ってているので、作業できるのはもうちょっと後かなあ。




ちなみに、この写真は9月16日のもの。デルフィニウムが咲いているけれど春ではない。寒冷地へのプレゼントとしてデルフィは2番花も美しく咲かせるのだ。
posted by Fantin-Latour, at 13:59| @山荘の庭2009年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。