2009年09月30日

秋のコテージ・ローズ・ガーデン、 黄色いバラたち

夏の終わりから咲いていたポリアンサのイヴォンヌ・ラビエの一角に黄色い色が現れた。ゴールデン・ボーダー。

092.jpg

今年来たばかりなので夏に少し咲いたのが2番花だと思っていたが、何本もシュートを出してその先に房咲きになっている。 

099.jpg

あとは、この寒冷地の寒さを乗り越えてくれるかが課題。うまくいったら、花壇に増やしたいな。

黄色いイングリッシュ・ローズたちの中で、絶対成功すると思われるのが今年参入したモーヴァーン・ヒルズ。

049.jpg

ランブラーらしく横に枝を伸ばしている最中なので、花が下向きだが、来年はトレリスに登れるから全部見られるだろう。楽しみ!

上品な色は好きだけれど、パンチがない。そこで夏に導入したグラハム・トーマス。遠慮してか、付いてきた蕾は淡い黄色に咲いた。

048.jpg

モーヴァーン・ヒルズの隣なので、本来のどぎつい山吹色でいいのよ。

実は、グラハムは再々チャレンジ。

初めはピンクもオレンジもごったまぜのバラ園ひとつだったので、オレンジ・黄色系の場所に移植したら、ぽしゃってしまった。

蔓が勢い良く伸びたのに残念だった。

その後、移植は絶対にしないと決めて2つめのグラハムを植えた。
しかしなぜかそこのバラは全滅した。

後から深く掘ってみたら、造成時に足した土の下に母親が昔捨てた台所ゴミがでてきた。ビニールやコンデンス・ミルクの缶まで・・。この血は受け継いでいないことを祈る。

今回の3本目の鉢だけれど、日当たりも良いし、そこそこ育つと思う。

ザ・ピルグリムは河口湖のオルゴール館で良く育っていたので、まあ大丈夫だと思う。

081.jpg

晩年はこういうふうに柔らかい色と花形になる。私もこういう風に淡く年を取りたい。決して、チークや口紅をどぎつく塗らず、アイラインやアイラッシュを黒々と入れたりしないで。

モリニューの黄色はすてきだ。

044.jpg

042.jpg

最後はザ・ピルグリムと同じくレモンイエローになるのだけれど、花持ちが良い。泊まった友人の部屋に生けたら3日持った。

モリニューの向こうにレディ・エマ・ハミルトンがある。

078.jpg

オレンジ系ではないみたいだが、蕾を見るとオレンジ系だとわかる。

079.jpg

葉が汚い。が、薬は使わない。ここで葉をきれいにしたからって、冬を越すわけではないのだ。

冬を越せなくて没になったバラはたいていこんな具合だった。が、もし、泥はねのせいなら、来年背が高くなれば解消する。

私が疲れるから、自立できるバラだけ残ればよいと思っている。このアブラハム・ダービーみたいに。

024.jpg

夏に短く切り戻しても花茎が伸びてうつむいてしまうが、咲くからいいわ。

黄色といえばこんなヴィオラが咲いていた。

036.jpg

今年は思い切っていつも植えるヴィオラを買わずにコボレ種ででてきたものだけにしようと思う。意図的にパラパラと撒いてみた種もある。どれだけ咲くかしら?




posted by Fantin-Latour, at 11:41| @山荘の庭2009年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。