2008年02月26日

ハイブリッド・ティー夏の剪定失敗例

ストーブ・ガーデニングで去年の写真を見ていると、いろいろなことに気付く。この写真は10月14日のハイブリッド・ティー、イザベル・ルネッサンス。

2007年10月14日 019.jpg

濃い赤に合わせてヴィオラも濃い赤にしてご機嫌で取った写真だが、このひどく伸びた茎に注目すべきだった。

剪定したのは8月だと思うが、茎が倍以上に伸びて弓なりになっている。先端には切った後があるので、もうひとつ咲いていたらしい。今年の夏は、もっと下で切ろう。

しかし、良く見ると、右の二又の上にはそれぞれ咲いた跡がある。

とすると、問題は、春にシュートがここまで伸びる前に何度か鋏を入れなくちゃだめだということ。

私はハイブリッド・ティーのシュートの扱い方が下手だ。言い訳すると、毎週行けるとは限らないのであっという間に伸びてしまうのだけれど、今年はシュート段々切りを課題にしている。ドアにでも注意書きを貼っておこうかな。

プレゼント人気ブログランキングに投票をして下さる方はここをクリックして下さい
.
.
.
posted by Fantin-Latour, at 14:22| Comment(0) | @山荘の庭2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

冬の剪定はいつにしようか。

来年はいつ山荘に行くことになるだろう。冬の山荘は水抜き作業があるし、夜は道路が凍るので、3連休の朝になる。

すると、2月9,10,11の連休か、3月の春分の日の連休だ。バラの都合より、人間の都合が優先されてしまう。

記録によると、一昨年は3月の連休で芽が出てしまっていて慌てて剪定した。それで昨年は2月に行ったらもう雪が解けていて暖かく、剪定した。

しかし、急いではだめ。4月に雪が降り、富士山の農鳥は例年より1ヶ月遅く現れた。ま、それでもどこからか芽がまた出てきて咲くのではある。

古い記事の写真を良く見ると、バラの種類や場所によって芽の出方も違う。そこで、全部いっぺんに剪定しないで、ひとつひとつ見ながら決めようかと思う。

たとえば、クレマチスだって、芽を見てから切ればいいし、余り深く考えなくて大丈夫。バラはいつかは咲くから。
posted by Fantin-Latour, at 12:06| Comment(0) | @山荘の庭2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

今年最後に咲いたバラは?

12月8日に咲いていたのは黄色い小さなサン・スプリングス一輪。蕾はどれも蕾のまま固まっていて、白いシュネ・プリンセスの蕾は咲いているのかいないのか解らない。

2007年12月9日 001smsm.jpg

右に蜘蛛が巣を張っている。3週間のご無沙汰の間、このバラはたぶん長い間咲いていたのだとと思う。

そして、芝生には霜柱がたってボコボコになり、土も凍って固い。でも変に暖かいのだ。これが暖冬というのだろうか。

アリスター・グレイの葉の美しいこと。

2007年12月9日 005sm.jpg

同じくトレリス日当たり地区のグルス・アン・アーヘンには柔らかい新葉がでている。なんだか春の前のようなのだ。

2007年12月9日 004smsm.jpg

ぼやけた写真だけれど、芽が膨らみ、幼い葉まで出ている。

2007年12月9日 006sm.jpg

これが本格的な寒さで凍死したら、来年はどこから咲くのか心配だ。

それで、富士山を見たら、雪がずいぶん消えている。筋肉マンみたいに筋が出て、真ん中に農鳥の骸骨が見えるではないか。変な感じだ。

2007年12月9日 008sm.jpg

ま、暖かいおかげで、マルチングをしてやる時期が遅れないで済んだかもしれない。今年は油粕はイノシシが掘り出すので、馬の堆肥にした。馬糞だけれど、殆ど臭わない。そしてその上にてんこ盛りで完熟腐葉土を載せておいた。
posted by Fantin-Latour, at 19:28| Comment(0) | @山荘の庭2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

11月17日に咲いていたオールド・ローズ

雨が降っていないので、スーヴニール・ド・ラ・マルメゾンの薄い花弁が痛んでいない。虫にも食われていない。秋の終わりにしてはじめて完璧な花でした。

2007年11月18日 001sm.jpg

色もやはり濃くなっていて、秋の花ってすてき。

2007年11月18日 033sm.jpg

早速、図鑑のスーヴニール・ド・ラ・マルメゾンの項に足しておきましょう。
posted by Fantin-Latour, at 19:38| Comment(0) | @山荘の庭2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月17日に咲いていたフロリバンダ・ローズ

11月16日夜遅くに山荘に着いた。凍るような冷たさで、夏なら懐中電灯片手にバラを見に行く私も、ストーブの前に直行。そんな翌朝、フェンスにきれいに咲くバラを見つけて大感激。

健康に光る葉、しっかりとした蕾。しかし、このピンクの花は何?

2007年11月18日 015sm.jpg

どう見ても、ブラッシュ・ノワゼットが狂い咲きして大きくなったとしか思えない。

2007年11月18日 006sm.jpg

2007年11月18日 007sm.jpg

しかし、これが先々週思い切って移植したイレーヌ・オブ・デンマークなのよね! 

イレーヌといえば、白い絵の具のような純白な花⇒http://baradaisuki.seesaa.net/article/59850587.html この写真と比べると、いかにバラって季節によって違う色が出るか解る。

フロリバンダは黒点病も少なく、それどころか、まだ秋の初めのようにはりきって茂っている。

こちらは3株のグルス・アン・アーヘン。日本水仙が4センチ伸び、水無月が茶色く枯れているのにこの美しいふさふさの葉。もちろん、蕾もある。

2007年11月18日 040sm.jpg

こちらは今春に中国からの裸苗で来たバフ・ビューティ。ぐんぐん育ちそうです。

2007年11月18日 041sm.jpg

こちらは裏手に追いやってしまった赤い花のひとつ、連弾。憎たらしくしっかりと咲いている。隣のイングリッド・ウェイブルにも蕾がある。

2007年11月18日 010sm.jpg

プランターなのだが、実はここは南の光が一日中当たるところ。家があるために直接は植えられないのだが、来年はここに大きなフラワーベッドを設置して有効活用しようと思う。
posted by Fantin-Latour, at 19:29| Comment(0) | @山荘の庭2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月17日に咲いていたHTローズ

ブルー・パーヒュームの蕾はここまで膨らみました。
2007年11月18日 003sm.jpg

でも、翌朝、初霜に襲われ、まん丸なままでお終い。

2007年11月18日 018sm.jpg

来年はもっと早く剪定をしましょう。咲くのに時間がかかるので9月初めかなあ。

ヨハン・シュトラウスは緩く開きました。優等生。というか、秋には抜群の日当たりのトレリス側にいるので、大きさも夏の2番花以上。

2007年11月18日 005sm.jpg

どちらも葉は黒点だらけ。でも、皺だらけの老女的花弁なので、染みがあっても自然。今からなら葉が落ちて困ることもないし、一応つまんで取っただけで、薬の散布はしない。ウチは、虫がいなくなったらもう薬は何もまかない。環境云々より、あの作業は疲れるから。
posted by Fantin-Latour, at 16:32| Comment(0) | @山荘の庭2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

文化の日の石垣上バラ園

文化の日はバラ園の作業の最後の日と決めた。これからは春まで剪定がなく、植え替えもなく、12月に掃除をして土の消毒をして、腐葉土をマルチングに入れるだけ。昨年イノシシに掘られた油粕はもう入れないから作業が楽だ。そして約4ヶ月間、山荘も閉める。

植え替え作業の最後は石垣上のバラ園だった。開墾を始めて3年半、やっとどうにかサマになってきた。左側の高いところから門際の低いところまで順番に記録しておこう。

今年苗を植えたマダム・アルフレッド・キャリエールが伸びてきたので高いフェンスを用意したところ。シラベの下枝を思いっきり切ったので、日当たりが改善された。

2007年11月04日 087sm.jpg

シラベの前はひょろひょろするので第2バラ園から移したエグランタイン。隣にダッチェス・オブ・エジンバラがあるが、今鉢で養生中のプリンス・チャールズが来る予定。なんとも英国的な雰囲気。

石垣の間には野生の菫がたくさん植えられている。

次は低い柵のところにザ・フェアリーがある。低い柵越しに垂れるのも良かったけれど、やはり奥のボロ屋を隠してほしいので、来年、高い柵を買い足す予定。

2007年11月04日 086sm.jpg

ふさふさしているのは2株のイスパハン。昨年M店で1000円で引き取ってきた株で、一季咲きだからなあ、と思ったけれど、今春にはたわわに咲いてくれて、これなら一季咲きでも価値があります。

2007年11月04日 085sm.jpg

中央の背の高いのはやはり1000円引き取り苗のファンタン・ラトーゥール、これも素晴らしい花が満開になった。バラとしてたぶん1番好きなのはこのファンタン・ラトゥール。それに、イスパハンもファンタンもとても丈夫で嬉しい。

2007年11月04日 084sm.jpg

低い柵のところにあるのは、リストによるとロスマリン89らしいが、良く解らない。でも、今年は全部のバラにタグを付けたので安心です。この柵も高いものに替える予定。

石垣の上にあるのは常緑のポリアンサ。毎年ちゃんと秋から春まで咲くし、大きくなる。

ここにはザ。フェアリーが柵の外に植えられている。石が邪魔をして柵が立てられない場所はこのようにぎくしゃくとなるけれど、これで内外に多くのものが植えられる。

2007年11月04日 083sm.jpg

左側にはクレマチスがいろいろある。ここだけはクレマチスにも赤いマダム・ジュリア・コレボンやピンクのジェニー・カディックが植えられている。土が少なくてバラを植えられない場所にクレマチスを植えているわけ。

柵の外側にあるザ・フェアリーの世話のために間を開けたけれど、石垣を登れば剪定できるので、この間も柵で塞ぐ予定。実際、ザ・フェアリーは世話要らずで、実をつけないので剪定もいらないのだれど、ほおっておくとシュートが伸びてぼうぼうになる。

2007年11月04日 083sm.jpg

中央にアメジスト・セージが誇らしげに咲いているけれど、東京で冬越しした株なので来春咲くかちょっと心配。岩の上にここにもポリアンサが覗いている。枯葉の下にはアイフェイオンなどの球根が眠っている。

ここはマダム・イザック・ペレールの他はクレマチスの多い柵。というのは、後に紫燕飛舞のフェンスがあり、その向こうにはヘリテージやパークス・イエローなどのバラ園(仮称:斜面下バラ園)があるので。

2007年11月04日 081sm.jpg

斜面下バラ園は外からはちらっとしか見えないが、家から見ると斜面のバラが全部見えることになっている。内側のことも外側のことも考えなくちゃならない。

石垣の1番下に今回引っ越してきたイレーヌ・オブ・デンマークがある。中央にルイーズ・オディエ、左は愛らしいブラッシュ・ノワゼットとオールド・ブラッシュ。

2007年11月04日 079bissm.jpg

枯葉の下は上から見たいクロッカス類(を埋めたと思う)。

石垣が途切れてしまって門との間が空いていたところに河口湖の石を拾ってきて付け足した場所。ここから内側にバラ園2号地が続く。

2007年11月04日 078sm.jpg

柵際は左ガートルード・ジェキル、右アンファン・ド・フランス。間にクレマチス、リトル・ネルがそれはそれは愛らしく咲く。

奥は左側に奔放シュラブのジ・インジーニアス・Mrフェアチャイルドとジェネラス・ガーデナー。右のペグ沿いにはスーヴニール・ド・ラ・マルメゾン、アルンウィック・キャッスル、コント・ド・シャンボールなどなど。小さいオベリスクはクレマチス、ヴィヴィアン・ペンネルとベル・オブ・ウォーキング用。

手前の枯葉の下はぜんぶスノー・ドロップ。春一番に山荘に行ったときに迎えてくれるように手配してある。柵の下の緑はイベリス。越冬もしたし、夏超えもしたので、来春にもっと多く植えるつもり。

耐寒性実験をしながらなので草花選びも試行錯誤だが、3年半でだいたい解ってきた。バラとクレマチスは流行りだからではなく、この寒冷地で元気に咲いてくれる最適合種。クリスマスローズもアナベルも同じ。その中でバラに思い入れがあるとすれば香りだ。あとは、庭の創造のアイテムで個々に思い入れはない。

翌日11月4日にはやっと記録写真をたっぷり撮り、日当たりの良い東屋(カーポート兼)でお茶をした。久しぶりに数独も始めた。シーズン中は数独をやる時間がなかったので、腕が落ちた。挽回しなくちゃ。

2007年11月04日 061sm.jpg

右上がバラ園一号地。今年はパンジーはここだけに植えた。手前の緑は2つの安曇野の鉢。ここは日当たりのよい特等地なので来年はどこかに植えなくちゃならないほど育っている。

この同じ場所で、芝生に残る雪を見ながら、来年1番初めのランチをする。our ritual! スタジアムジャンパーを着込んで、熱々のスパゲッティを食べるの。その日まで、さよなら。
posted by Fantin-Latour, at 10:47| Comment(0) | @山荘の庭2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

文化の日のバラ園2号地

2号地は今春に新しく作った大きなバラ園だった。もともとはAちゃんからひきとったオールド・ローズを植える場所だった。でも場所があったので、ずっと欲しかったイングリッシュ・ローズの鉢苗を買って、びっしりと植えた。

果たして、イングリッシュローズは急速に大きくなり、エグランタインが移動させられた。

エグランタインのあったのはオベリスクの右側。左からはジェネラス・ガーデナーが襲いかかり、右からは横張りのピンク・グルス・アン・アーヘンが意地悪していた。

2007年11月04日 012sm.jpg

全く、密に植えすぎました! でも、今気が付いて植え替えただけでも偉かったと思う。

もうひとつの移動はイレーヌ・オブ・デンマーク。オベリスクの左側の土の黒くなっているところにあった。左のアンファン・ド・フランスに接近していたが、言い訳ではないけれど、Aちゃんからひきとったアンファン・ド・フランスも、イレーヌも小さな苗で、まさかここまで育つとは思いませんでした。

2007年11月04日 011sm.jpg

オベリスクには、クレマチス、ヴィヴィアン・ペンネルなのでバラがないけれど、私も今回学習したのでここにはもうバラは植えない。とりあえず、チューリップを70個ほど埋めておいたので、チューリップが枯れるころに考えようと思う。

フェンスにはアンファン・ド・フランスとガートルード・ジェキル。ガートルードは都合よく大きく伸びないので安定している。二つの間にクレマチス、リトル・ネルがある。

小さくピンクの花が見えるが、ジ・インジーニアス・Mr.フェアチャイルド。ジェネラス・ガーデナーといっしょに柔らかく自然なシュラブを広げられる場所を確保してやろう。

雑草を取り、ペンタスを抜き、チューリップを植えた上に腐葉土を足しておいた。

2007年11月04日 015sm.jpg

ヘッジのペンタスがないと、右のペグが高いのが気になるなあ。でも、斜面で低くなっていて、どうしても高いのが必要な場所なんだけれど・・・。私の庭にはいつまでも完成された美しさがない。
posted by Fantin-Latour, at 12:31| Comment(0) | @山荘の庭2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

エグランタインの移動

エグランタインも11月に入ってから移動させてしまった。蕾もそのまま、枝も切らないで、白根をこわさないようにそろそろと運んだが、あとは祈るだけ。


2007年10月28日 063bissm.jpg

しかし、この素晴らしい緑色の葉の茂り方である。大丈夫だと思う!

場所はクレマチス・ダッチェスオブ・エジンバラに近いが、ここは木の根が太く、柔らかい場所が少ないのでここに決めた。
posted by Fantin-Latour, at 14:26| Comment(0) | @山荘の庭2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イレーヌ・オブ・デンマークの移動

10月末に、アルべリック・バルビエのあったところに小さなイレーヌ・オブ・デンマークを移動した。小さな蕾もそのままで。

2007年10月28日 063bissm.jpg

一週間後、問題はないようだった。でも、昨年は11月末に霜柱ができたので、もう移植はやめておこうと思った。

でも、文化の日は暖かかった。それに、何でも来春にすると、仕事が集中してしまう。それで、スワニーもランブラー専用地に移し、2つ目のイレーヌ・オブ・デンマークを移した。

2007年11月04日 010bissm.jpg

4株の中で1番成長の良かったイレーヌ、ルイーズ・オディエとガートルード・ジェキルの間で真っ白に輝いてほしい。

背の高いものを植えることができるようになったのは、柵を買い足したからだ。
posted by Fantin-Latour, at 14:11| Comment(0) | @山荘の庭2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

アルべリック・バルビエとスワニーの移転先

白い土止めの先の斜面が我が家のランブラーたちの移転先だ。

2007年11月04日 074sm.jpg

昨年大量の木を切ったので、ここまで陽が当たるようになった。むしろ、建物から遠いので白い土止めの手前側より陽が当たる。

崖の下には日本水仙が植わっていて、その前にアメジスト・セージが植わっている。その前にバラたちが植わっている。ここは黄色いHTのバラが多い。1番端に山吹色のグラハム・トーマスが2株ある。

崖の上には今年は忘れていたが、来年春には大量のナスタチウムの種を埋め込む。もうポットに蒔いたり、ナーサリーに蒔いたりせず、お箸で穴を開けて埋め込むのだ。一昨年、これでも大丈夫だったから。

ナスタチウムはこの寒い別荘地でもまだ咲いているお宅がある。つまり、バラの季節からアメジストの季節まで咲く。色は¥の調和は大丈夫だと思う。

今年植えたアメジストセージは冬越しが心配だといったら、Kちゃんが、ヒマラヤのホテルで咲いていたと励ましてくれた。

春の水仙、6月のバラ、夏のナスタチウム、秋のアメジストセージ、と季節ごとに美しい場所にしたつもり。
posted by Fantin-Latour, at 15:51| Comment(0) | @山荘の庭2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日陰のコーラル・ドーンと羽衣

北側のトレリスと正反対に、南側で建物の陰になる場所ではどのバラも全く葉が落ちている。

それでも、コーラルドーンは今年一度ぽちぽちと咲いた

2007年11月04日 038sm.jpg

それで、ニュードーンを親に持つ羽衣を2つここに移した。トレリス際でやっと咲いた新苗なのにかわいそうだった。

もちろん、むくれてうんともすんとも言わなかった。

それが、近づいてみると沢山芽を出している。ま、これから咲くことはないけれど、地中深くで根を張っているもよう。

ここも上の木を切って明るくなったので、その効果があるのだろう。

真ん中の馬酔木の木にアルキミストを沿わせてある。アルキミストもアーチのほうがそりゃあ日当たりが良かった。でも、一季だし剛健らしいから日陰でがんばってもらおう。
posted by Fantin-Latour, at 15:34| Comment(0) | @山荘の庭2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蔓バラたちの更なる成長!

9月26日に[蔓バラたちの成長]を書いた。それが11月に入ってますます緑濃く育っている。

11月になると、南に下がった太陽がこの北側のトレリスに思いっきり当たるからだ。南側にある弟の家の間には芝生が広がっているので、影にもならない。

2007年11月04日 025sm.jpg

朝の10時ごろまではカーポートの横に植えたサマースノーにまで陽が差す。冬の間に陽の恵みを十分に受けられますように。

10月にこのトレリスの上の下枝をかなり切ったので、陽が高くなっても来年は大丈夫だと思う。

正面から見てみると、

左 ミセス・ハーバート・スティーブンス、右 ピエール・ド・ロンサール

2007年11月04日 027sm.jpg

このピーエル・ド・ロンサールは引き取り苗で、とりあえずここに植えた。そのときは日陰なのでどこかに他に移そうと思っていたのだが、どうも根付いたらしいのでこのままに。

左 ピエール、中央 アリスター・ステラ・グレイ、右 デヴォニエンシス

.

右のデヴォニエンシスは今年は咲かなかった。成長も少ない。この花が来年咲けばティー系もOKだということ、ここがZONE7よりZONE8に近いということになる。

アリスターは今年の参入だが、苗がしっかりしていて、成長がよいので、冬を越せると思う。ノワゼットもZONE7は危ないので、賭けです。

ここではやはりノワゼットで新規参入組のデプレ・ア・フルール・ジョーヌが長い枝を伸ばしているので、左の木に止めてある。

2007年11月04日 031sm.jpg

中央の濃い緑は、ロイヤル・サンセット。東京から持ってきた古参だけれど、バラは古いからといって沢山咲くわけではなく、むしろ再チャレンジ中。順調に成長。

右のノワゼット、ラマルクも新規参入組で、新枝が伸びている。こちらは花もたわわに咲いた。

ラマルクは下の写真では木の後になるが、道際なので日当たりがよい。

2007年11月04日 033sm.jpg

フラウ・カール・ドルシュキは新苗だったのに2メートルに伸びた。ドルシュキはもう一本あって昨年も良く咲いたので、きっとわさわさなるぞ、と期待している。
posted by Fantin-Latour, at 14:28| Comment(0) | @山荘の庭2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

文化の日に咲いていたバラ

ジ・インジーニアス・Mrフェアチャイルド。

2007年11月04日 088sm.jpg

この時期は蕾から咲くまで時間がかかり、雨も降るので、長い枝を横に支えて下を向かせておいたら、まあまあきれいに咲いた。

イー・バン・フェンは第二の最盛期。陽が南に落ちて陰るようになってしまった中央のバラ園を明るくしている。

2007年11月04日 001sm.jpg

HTブルー・パーヒュームの3つの蕾。

2007年11月04日 008sm.jpg

ひとつがやっとここまで咲いた。良い香りがした。

2007年11月04日 019sm.jpg

でも、あとの2つは見られないと思う。

HTヨハン・シュトラウスの上品な秋の花。

2007年11月04日 066sm.jpg

2007年11月04日 060sm.jpg

陽が差しているところで撮ると薄いピンクになっていた。

2007年11月04日 017sm.jpg

そういえば、昨年も最後にはハイブリッド・ティー、ダブル・ディライトが咲いていたっけ。今年はずっとシーンとしていて故障者リストに入ってしまったけれど。

秋の花はもう剪定もできないし、花柄も摘まないで実をつけさせたほうが安心して休眠に入れるらしいから、何にもできずに、ポチポチと乱雑に咲くのを見ているだけ。つまらない。私って花を見るより、作業しているほうが楽しい人間なのかしら?
posted by Fantin-Latour, at 13:46| Comment(0) | @山荘の庭2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

石垣の上のバラ園にフェンスが完成した。

石垣の上には初めは何にも無かった。村田さんが、昔書いた本に、「初めに構造物ありきではなく、成長に合わせて構造物を作るべきだ」とあったので、私は、良い考えだと思った。

それで少しづつ足していたら、初めにK屋で見つけた柵は輸入が中止になってしまった。

その次に気に入ったJマートの柵は少しづつ買い足していたのだけれど、在庫がなくなってしまった。同じものをあちこちで探したが見つからない。夫は「そのうちまた入るよ」と言ったけれど、K屋のことがあるのであまり期待していなかった。

そうしたら、金曜日、Jマートに沢山入荷していた。嬉しくて、今回は1ダース買った。そうしてつなげたら、石垣の上に長いフェンスが完成した。

この写真は下半分。

2007年10月28日 069sm.jpg

2007年10月28日 071sm.jpg

石垣が自然石で凸凹なので、フェンスはまっすぐではない。しかし、この凸凹が思いがけない利点をもたらした。バラはフェンスの外側にも内側にも置けるのだ。ここではザ・フェアリーが外にある。

こちらではフェアリー・レッドがフェンスの外側にある。

2007年10月28日 066sm.jpg

内側には、バラは右端にエグランタインを持ってくるが、主に待機中のクレマチスを這わせることになる。

こちらは一季咲きのイスパハンやファンタン・ラトゥールの間に置いたフェンス。支柱を立てずにフェンスに寄りかからせることができ、さらに、四季咲きのクレマチスを這わせることができる。

2007年10月28日 065sm.jpg

こちらは低い柵のあった石垣の下部。プロスペリティ、オールド・ブラッシュ、ブラッシュ・ノワゼットやルイーズ・オディエの背が高くなったので高い柵が必要だった。

2007年10月28日 062sm.jpg

2007年10月28日 058sm.jpg

石垣の1番上にはマダム・アルフレッド・キャリエールがあって、順調に枝を伸ばしているので、古い1番背の高い柵で囲むようにした。この柵がもう輸入されなくなってしまったK屋の柵である。

2007年10月28日 067sm.jpg

この同じ背の高い柵は、伸びてきた紫燕飛舞とクレマチスのフェアリーブルーの柵にもひとつ足した。

2007年10月28日 070sm.jpg

柵の手前にはパークス・イエロー・ティーセンティッド・チャイナがあって枝を伸ばしてきているのでここに仮留め。右側のヘリテージの枝はとうとう右の馬酔木の木に届いた。

成長に合わせて、追われるように柵を立て、やっと統一された外観になった我が家のフェンスであった〜〜〜。
posted by Fantin-Latour, at 22:05| Comment(0) | @山荘の庭2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月26日に咲いていたバラ

2週間ぶりに行ったのだが、ブルー・パーヒュームの蕾は開花速度が遅く、一つ目が大きく開いたところだった。レディ・ヒリンドンもグルス・アンアーヘンもスーヴニール・ド・ラ・マルメゾンもイレーヌ・オブ・デンマークもぽちぽちと咲いていた。でも、写真を撮る暇がなかった。

そうしたら、土曜日に来た季節はずれの台風でびしょびしょに濡れて泥まで被ってしまった。かわいそうで、写真は撮れない。

そうでなくても、やっと晴れた日曜日はやることが山のようにあった。先回のアルべリック・バルビエの移動に続いて、ランブラーのスワニー2株を奥の傾斜地に移した。

ランブラーは他のバラとの共存は難しいのだった。はじめはこれほどバラを植えるとは思わず、石垣の上を覆ってくれれば良いと、わざわざランブラーを選んだのであった。

アルべリック・バルビエはshade tolerantと書いてあったのだが、そこにはneeds sunとも書いてあった。どっちを信用したらよいのか解らないが、私の感触では、日光の必要なバラだと思う。

アルべリック・バルビエ2株とスワニー2株の引越し先はこのアメジストセージのあるスクウェア・ガーデンの右のほう。木を切ってから日当たりが良くなった場所で、傾斜地になっている。

2007年10月14日 006sm.jpg

ちなみに、この花壇の1番右に2株のグラハム・トーマスが移され、写真には写っていないが、左のほうに4株のアルフォンス・ドーデが移されている。

それから、アルべリック・バルビエの跡にイレーヌ・オブ・デンマークを植えた。

2007年10月28日 063sm.jpg

左にちょっと見えるのはザ・フェアリー。どちらも秋までたくさん咲く。イレーヌは今は広い庭で散発的に咲いているので、ザ・フェアリーと一緒に置いて、秋の景色をコンパクトに作ろうかと思う。来週はあと2つのイレーヌを引越しさせる。
posted by Fantin-Latour, at 16:05| Comment(0) | @山荘の庭2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルべリック・バルビエ

2007年7月29日

春には殆ど咲かなかった。夏にポツンと。

2007年07月29日 027sm.jpg

このクリーム色、くしゃっとした花形、好きなので石垣上に2つも植えたが、今、気がついた。ランブラーは他のバラと共存しない。

ということで、2007年10月、2つとも奥の傾斜地が日当たり良くなったので、移動させた。広いところに思いっきりcascadingさせる。


---DATA---

Alberic Barbier, Hwich
1900
Main flush June/July,
with scattered flowers all year.
★shade tolerant と needs sunの両方が書いてあるけれど、これって相反していない? 私の感じでは、shade tolerantより、needs sunのほうが強い。

2006 Jmart .
posted by Fantin-Latour, at 10:49| Comment(0) | @山荘の庭2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

10月14日に咲いていたバラ A

中央花壇が大きくなった。下枝切りをしてもらって出た大枝で芝生側の縁を作った。そうしたら、カーブの関係で芝生にぐぐっと出てしまったのだ。そこにはバラの季節には掘りあげるチューリップを植え、縁に常駐のムスカリを植えた。

2007年10月14日 016sm.jpg

手前に例年植えるパンジーはやめて、今年はヴィオラだけにした。コボレダネでいろいろなところに出てくれるので、ありがたいから、ヴィオラにしたのだ。ヴィオラと交互に常駐する西洋松虫草を植えてある。

バラは右側に4株のブルー・パヒュームがあるのだけれど、蕾が固い。なかなか咲かない。今度は2週間後なのだけれど、どれかが咲いていると思う。

メアリー・ローズは白っぽくなって一輪。シャルル・アルバネルは大きな花が咲き終わったところ、シャリファ・アスマは蕾がここまで開いたところで帰る時間になってしまった。

2007年10月14日 046sm.jpg

そうそう、テンダーも可愛く咲いた。フロリバンダは四季咲き性が強くて秋にはありがたい。
posted by Fantin-Latour, at 15:23| Comment(0) | @山荘の庭2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月14日に咲いていたバラ @

トレリス前のバラ園。
2007年10月14日 018sm.jpg

相変わらず咲き続けるグルス・アン・アーヘン。うつむいているけれど、山に放置するバラは雨をこうやって避けてもらわなければならない。

2007年10月14日 055sm.jpg

大きな花だ。持ち上げてみたらこんなに花弁があった。

2007年10月14日 009sm.jpg

夏の花よりピンクが出ていると思ったが、中心は杏色だった。

グルス・アン・アーヘンなどの古いフロリバンダはわざわざ求めなかっただろう。予算があったらイングリッシュローズに走ったに違いない。

この3つの苗はM店の去年からの持ち越し鉢苗で、1000円してくれたから3つ引き取ったのだ。それが、花壇で中心になって咲いている。ありがたい、ありがたい!

その次の白色はこれも常連のイレーヌ・オブ・デンマーク。これは今年の引き取り苗なので半額の1500円。これも4株買ったが、各場所で活躍している。モネの白いブラッシ効果。

柔らかい枇杷色はレディ・ヒリンドン。夏はすぐに散ってしまったが、秋は持ちがよい。

2007年10月14日 009sm.jpg

蕾はまだまだある。

奥にある赤いバラはイザベル・ルネッサンス。

2007年10月14日 019sm.jpg

赤いバラはここにしか置いていない。ちょうどミニバラのアンドロメダが咲いている。

それから、石垣の上のザ・フェアリー。
2007年10月14日 053sm.jpg

ザ・フェアリーは3株あるけれど、偶然に剪定の時期が違ったので、どの株かがたくさん咲く。

今回はアメジストセージの脇のザ・フェアリーが咲いて、色合いがきれいだった。私は写真のために鉢植えのバラを配置するのを良しとしないので、自然に花期があったときは神さまに感謝する。

2007年10月14日 052sm.jpg

ザ・フェアリーもM店で1000円で2株買った。もう1株はJマートで1980円で買った。でも、もっと欲しいのだ。世話が要らなくてたわわに咲いて、冬まで咲いてくれるバラなんてそうない。

アルべリック・バルビエ2株を引越しさせた跡と、1番端にあと3株。M店のおじさんは来年もザ・フェアリーを仕入れてくるかしら。

2007年10月14日 050sm.jpg
posted by Fantin-Latour, at 15:07| Comment(0) | @山荘の庭2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

バラたちの不都合な真実

不都合な真実はたいてい隠されている。気にはなっていても忘れようとしている。それは直すのが大変だから。

山荘の庭のバラの数は150株になった。そのうち20株は手入れのいらない垣根のハマナスや十六夜バラと、育児放棄をして遠くに植えているバラ、10株はグラウンドカバーのミニバラなので、手のかかるバラは120株くらいだ。といっても、週末ガーデナーには限界の数。

それでも、バラが咲いた季節は世話に追われていたが、夏には不都合な真実に目を向けて大移動をした。30株は移動させた記憶がある。それで、終わるつもりだった。

でも、もっと不都合な真実に向き合うことにした。ランブリングローズのアルべリック・バルビエである。石垣を蔽ってくれるだろうと、初期に2株植えた。しかし、ここだけの話、シュートがあっちこっちに伸びたあげく、花はポチッとしか咲かない。今回はこれを奥の石垣に植える。ここで野生的に育ってもらおうと思う。

かわりに、イレーヌ・オブ・デンマークが4株あるので、これを3株石垣の上に植えよう。イレーヌの数が多いのは、花後に安くひきとったからだが、とても良く咲く四季咲き種だ。

2007年08月26日 007sm.jpg

アイスバーグが出てくるまでは10年ほど人気があったバラだという。私はアイスバーグは一度も良いと思ったことがない。GVさんもイレーヌはもっと見直されてよいバラだと書いていた。

形も石垣の主役ザ・フェアリーと似ていて隣に植えてハーモニーが良いとおもう。葉の色が薄い黄緑なのも、暗い石垣に良いかな。

今、イレーヌはバラ園2号地に2本ある。ここはピンク系のバラばかりなので、白が良いかと思ったが、今回白いペンタスをヘッジに植えてみたら、白はボーダーだけで十分だとわかった。

2007年08月26日 041sm.jpg

それに、細い茎のイレーヌは、ぴょこっと飛び出て折れてしまう(左の上)。そういう形的アンバランスも解消させなくちゃ。いろいろ手直しばっかりの私の庭。

石垣の上にはイレーヌのために買ってある高いフェンスを立ててあげよう。

10月8日
★アルべリック・バルビエは2株とも奥の斜面上部に移した。


10月25日
★バルビエの場所のひとつひイレーヌを移動させた。
★他にも石垣に場所ができたので、あと2つ移動させる。
posted by Fantin-Latour, at 11:39| Comment(0) | @山荘の庭2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。