2009年04月30日

バラ、ゴールデン・ボーダー新苗、980円

ゴールデン・ボーダーはずっと気になっていたバラである。たぶん、山の庭に合うと思うのだが、黄色が強すぎては困るので躊躇していた。

そうしたら、JAで980円で出ていた。購入。

2009年4月29日 005.jpg

ほとんど白に近いくらいに退色していてすてき! 茎は台木と同じくらい太いものが40センチも伸びていて、その先に蕾が群がっている。

新苗だと咲かせないほうが良いとかいわれるが、そーゆー心配はなさそうに思えるくらいしっかいしている。

植える場所は、だいたい決まっている。赤白のコーナーとアプリコットのコーナーの間に黄色が欲しかった。でも、場所が小さいのでいつも買うGVの鉢苗はやめておいたのだ。

新苗なら、そのあたりには一杯植わっていてみんな元気(日当たり抜群よ)なので、割り込んでも大丈夫だと思う。

夫に、「また、バラ!」と言われたけれど、たぶん、今年はこれが最期。



よほどのセールがない限り・・・。


プレゼント人気ブログランキング投票Thank You!
.
.
.
posted by Fantin-Latour, at 14:44| 苗の入手記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

新苗のバフ・ビューティなどを600円で購入

プリムラも状態の良い株が少なくなったので、U園芸に少し買い足しに行った。そうしたら、オールドローズの新苗のパレットが出ていた。

浜名湖薔薇園というタグがついていた。ここは2年ほど前にホムセンで498円で出ていたというが、ネットで検索しても出てこない。日本にはこうやって苗を作る農家が多くあるのだろう。

 2009年3月7日 038.jpg

600円だったが、欲しかった種類があったので6つ買った。3600円。これでもマツキヨに出ていたイングリッシュ・ローズやギヨの3800円より安い。
 
 2009年3月7日 041.jpg

コーネリアには蕾が付いている。ちょっと花を見たら摘むことになるのだろうか。剛健だから、大丈夫だと思うが・・。

バロン・ジロー・ド・ランは寂しい紫燕飛舞のフェンスに。

モーツアルトはメアリーローズの跡に。

2009年3月7日 038.jpg

バフ・ビューティ2つははアブラハムのフェンスの表側に。ジョイフル本田で裸苗を買ったら見たことも無い薔薇が咲いた痛恨の中国苗。こうして挽回できて嬉しい。

ソンブルイユは3年前に熟慮して翌日にJマートに行ったら売り切れていたやつ。ちょうど馬酔木の横にあった白い薔薇が凍死したので、場所ができた。

年を取ってきたら新苗が軽くて楽でよい。大きな苗はどういう辛い経験をしてきたか解らないし、新苗は素直だし。

プレゼント人気ブログランキング投票Thank You!
.
.
.
posted by Fantin-Latour, at 15:37| 苗の入手記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

流行のデルバールのバラ苗がやっと買えた。

初めて通った道にあったバラ苗屋さん、温室に入ったら、なんとデルバールの新苗がたくさんあった。新苗といっても、温室で育っていて、立派なシュートが出ている。大苗の植えられない寒冷地にはありがたい。9つ選んで買った。XXX円。
 
2008年8月24日 091.jpg

ダンボールをあけたところ。

2008年8月24日 085.jpg

あの有名なナエマとコンテス・ドゥ・セギュール。

2008年8月24日 086.jpg

トゥール・エッフェル2000とアンリ・マティス

2008年8月24日 087.jpg

ミッシェル・ブラス 2つ。

2008年8月24日 088.jpg

シトロン・フレーズ 3つ。

2008年8月24日 089.jpg
 
デルバール社の苗はマダム・フィガロの色はきれいだな、と思ったが、形は好みではなかった。ナエマはみんなが一斉に誉めているけれど、シャリファ・アスマがあるから、いいや、と思っていた。

それより、名前の付け方が即物的できらいだった。有名な本の題、香水、画家、有名シェフなど、ずばり付けるんだもの。エッフェル塔なんて名前のバラ、XXX円じゃなくちゃ買いません。

でも、このバラ苗屋さんでは私好みのくしゃくしゃ系のバラや、修景バラに使えるものを置いていて、管理も良かった。それにXXX円でおまけ付きだたったので買ってしまった。

そうそう、夫がニセモノかもしれないというので、じっくりとラベルを見たら、代理店が(株)ローズ・オブ・ローゼスだった。それにしてはホームページとかないし、デルバール社自体もホームページが見つからない。販売店に任せる方式なのかもしれない。

それで、わかったのだけれど、最近、雑誌や対談でセンモンカの方々がやたらとフレンチローズを褒め称える。これってNHKにも出るローズ・オブ・ローゼスのイケメン若社長がお友だちで、イングリッシュ・ローズで辛い目にあったので応援しているのだろうか?

イングリッシュ・ローズはデイヴィッド・オースチン本社が利益独り占めで宣伝しても誰も得にならないのだろうか。

確かに、イングリッシュ・ローズはシュラブ形が多くて、植えた翌年には暴発的に伸びて困ることがある。それで嫌になった人が小ぶりに育つデルバール社のフレンチ・ローズに流れるのかもしれない。

デルバール社のバラは丈夫だという定評がある。そういう意味では、この値段で買えて丈夫に育てばうちみたいなだだっぴろい田舎にぴったり。

今週末にまた買いに行くつもり。

プレゼント人気ブログランキング投票Thanks You!
.
.
.
posted by Fantin-Latour, at 10:46| Comment(0) | 苗の入手記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

なぜJAに蔓バラ、ロング・ジョン・シルヴァーがあるの?

水曜日は休みあけで苗が入荷しているのでJAに行くのだが、もうバラの新苗の季節ではないので、期待していなかった。

そうしたら、白いツルバラがあった。太い枝を折り曲げるようにして行灯作りにしてある。花の感じは、くしゃくしゃしていて私の好み。香りもバラらしく好感度満点。

2008年6月5日 005.jpg

蕾がたくさんついていて2800円というのも気に入ったけれど、寒冷地ではツルバラは難しいので、ひとまず家に帰って耐寒性を調べた。

ロング・ジョン・シルヴァー、アメリカの原種とのハイブリッドで今世紀前半に五大湖周辺で作られたLCL。零下30度でも咲くほどの耐寒性ということで、買うことに決めた。名前にまつわる話は余り興味がないので省略。

車に入れてもらったところ。窮屈で、枝の上がつっかえている。蕾は落ちるが、たくさんあるので、ま、いいだろう。

2008年6月5日 001.jpg

家に帰って、夜、オシゴトから疲れて帰った夫に庭に下ろしていただき、今朝写真をとった。

2008年6月5日 013.jpg

新苗で買っても一年で4メートル伸びるという。ま、フラウ・カール・ドルシュキも2メートル伸びたし、不思議ではない。それならこれだけ大きくても2800円というのは普通の値段かもしれない。

それより、花を見て、香りを嗅いで買うことは通販では不可能なので買って良かったと思う。

しかし、花を良く見ると、半分がない。

2008年6月5日 014.jpg

咲き初めから割れている。

2008年6月5日 015.jpg

虫に食われたわけではなく、ぱかっと割れたみたいだ。十六夜バラみたいに普通のことなのかも。調べてみると、一番花にはこういうことが起きるらしい。蕾は多いけれど落ちるものも多いらしいということも解った。

咲き終わったら、枝を整理して山に運ぶ。どこに植えるかはモンダイ。夫に相談すると却下されるが、相談しないと大きくなったときに強力してもらいづらい(でも結局は協力してもらっちゃう)。だから、現地で2人で考えよう。

プレゼント人気ブログランキング投票Thanks!
.
.
.
posted by Fantin-Latour, at 11:16| Comment(2) | 苗の入手記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

あのバラは今? ジョイフル本田の管理の悪い苗

3月3日にジョイフル本田で4つのバラ苗を買った。イングリッシュローズ、ナッシングハムグローリーという不思議な名前のバラ苗。

このうち2つはうんともすんとも言わなかったが、4月4日には2つの鉢の芽が伸びてきた。 そして、今朝、きれいな一番花が咲いていた。

2008年5月21日 020.jpg

中央が濃いレモンイエローで香港のエッグタルトを思い出したが、ほんとうにこういう色だった。日差しが弱くなった午後にはこんな感じ。

2008年5月21日 024.jpg

ラベルの写真を見て、このくらいの黄色なら良いかなと思ったが、期待しなかった分、この美しい黄色に感激した。

それより、なんと、オールド・ローズみたいなクオーター・ロゼット咲きだ。写真とは全然違うけど、もちろん、こちらのほうが良い。香りは今まで嗅いだことのない、ちょっと不思議な香りがした。余り心地よい香りではない。

もうひとつの鉢から出た枝にも蕾がある。うどん粉がかかったのでちょっと弱弱しく、芽の出た場所が台木かもしれないのだが、蕾は同じような黄色が覗いている。

訳のわからない大苗に999円も出して2つは失敗したのだから、どうにか咲いてほっとしている。この色だったら、山の庭のアルフォンス・ドーデの近くにでも植えてみようかな。

5月29日 退色してきた色合いが柔らかくてすてき。

2008年5月25日 159.jpg

人間もバラもどのように老いるか、どのように退色(退職)するかが大切。そしてどのように散るかも。このバラは、バラバラっと散る。お掃除は大変だけれど、ぼてっと茎にしがみつきながら茶色く変色するバラより潔くて好き。


プレゼント人気ブログランキング投票Thanks!
.
.
.

posted by Fantin-Latour, at 17:23| Comment(0) | 苗の入手記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

マダム・ハーディーとはダマスク・ローズの名花マダム・アルディのことだった。

グロワール・ドゥ・ディジョンの新苗を買ったのは4月10日だったから、あれから40日たった。ホムセンの片隅に置かれているオールド・ローズの新苗はほとんどうどん粉にやられ、フンショウロウは半分に剪定されていた。その中で、うどん粉にやられず、すくすくと伸びていたのがこの3つ。マダム・ハーディ。

2008年5月21日 002.jpg

同じ苗でも左のものはぐわああっと曲がっている。支柱が立ててなかったからだが、このバラが柔らかい茎を伸ばすということが解る。幸い、頂上と間違えて新芽が出ている。

虫には食われていた。ぼろぼろの葉は取り、少しの被害の葉は虫をすりつぶして残したが、先にいたアブラムシの幼虫は葉の中は潰せなかったのでベニカメスプレーをしておいた。

1280円だったので、オジサンも強気で「3つで2000円」と言ったけれど、「ひとつは小さいじゃない」と食い下がって1500円にしてもらった。通販の苗1個の値段!

さて、マダム・ハーディがマダム・アルディのことだと気がついたのは5月の初めだ。もし、マダム・アルディと書いてあったら、売れていたと思う。グロワール・ドゥ・ディジョンはもう売り切れていたから。

解ったときから、水が切れていると、オジサンに、「水が切れてるけど」と言ったり、こっそりと虫を潰したりしていた。それにしても、他と比べて丈夫なバラだ。

マダムは石垣の一番端に植えた。5月25日。
 プレゼント人気ブログランキング投票Thanks!
.
.
.
posted by Fantin-Latour, at 14:55| Comment(0) | 苗の入手記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あのバラは今? 葉ダニまみれのブルー・ボーイ

ブルー・ボーイが葉ダニにやられると何になるか? 答え=ダニー・ボーイ(大爆) なんて冗談言えるようになったのは、新しい葉がでてきたから。今朝、道路で朝の日光浴をする鉢。

2008年5月21日.jpg

右側は葉が少ないけれど、力強いシュートが15センチに伸びた。

これは1週間前、U園芸から買ってきたときの姿。

2008年5月15日 013.jpg

行灯にぐるぐる巻きにしてあって、花がいっぱいだったけれど、葉ダニにやられていた。お兄さんは訳あり承知で安く買ってきたらしい。

家に持ち帰りたくないので店の隅で行灯から外し、やられた葉を取り除いたらこんなに坊主になってしまった。このあと、ホースの水をばーばーぶっかけて、葉ダニ退治した。薬は使わない。

こんな状態でも買ってきたのは、ポンポン咲きのライラック色の花が可愛いし。

2008年5月15日 015.jpg

2008年5月15日 014.jpg

枝を切らなかったのは、山の庭には柔らかいぼうぼう樹形が欲しいところがあるし。

ひとつ900円だったのも大きな理由だけれど、もし回復しなかったらお金を捨てるのと同じだから、ここまで回復するまでお写真もアップできなかった。

ブルー・ボーイは花付がよい四季咲きなので、完全に回復したら山の庭で活躍してもらおう。

プレゼント人気ブログランキング投票Thanks!
.
.
.
posted by Fantin-Latour, at 09:37| Comment(0) | 苗の入手記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

カーディナル・ドゥ・リシュリュー? 紫玉?

U園芸の隅にあったこのバラ、色が素敵だと思った。今年は紫・ライラック色系に惹かれる。名前がないけれど、カーディナル・ドゥ・リシュリューだろうか。

2008年5月15日 001.jpg

蕾はピンクが強くて、

2008年5月15日 004.jpg

咲くと紫色で、

2008年5月15日 002.jpg

中は白くて、ぼろぼろ散る。

2008年5月15日 003.jpg

茎は固く立ってから垂れるらしい。

2008年5月15日 006.jpg

どの条件も、植える場所にぴったりなのだけれど、リシュリューは一季咲きだしなあ、とやめようかと思った。しかし、一季咲きのオールドローズは楽で良いと最近思うようになった。

オジサンに、「カーディナル・ドゥ・リシュリューじゃない?」と聞いたら「そんなに長い名前じゃなくて、簡単なやつだった」という。

家に帰って調べてみると、ガリカで似たような花があった。紫玉。オジサンに「紫玉じゃない?」と聞くと、「うううううむ」。

カーディナルは即否定だったから、たぶん、紫玉ね。おばあちゃんが1200円にしてくれたので、買っ帰った。

夫に自慢げに見せたら、「汚い色、こういうのはキライ」だって。私は挫けません。

プレゼント人気ブログランキング投票Thanks!
.
.
.
posted by Fantin-Latour, at 15:30| Comment(0) | 苗の入手記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

450円のニュードーンの新苗2つ。

うちにはニュー・ドーン地区という場所がある。ニュー・ドーンくらいしか育たない日陰だ。しかし、コーラル・ドーンしか見当たらず、1980円も出して2つ買った。こちらに花と場所の写真があります。

しかし、いくらニュードーン系でも育ちが超悪い。それで、もうここにバラは止めようと思った。しかし昨年JAで羽衣(ニュードーンを親にもつ)が350円で出ていたので、350円なら失敗してもいいや、と思って植えた。そうしたら、春の芽生えも良いのだ。新苗のほうが初めから寒冷地に慣れて良いのかもしれないと思った。

今回は、何と、ニュードーンが入荷していた。

2008年4月21日 016.jpg

もうこんなに伸びている。昨年の羽衣の苗よりしっかりしているかもしれない。昨年は同時に[フラウ・カール・ドルシュキ]と[つるサマースノー]も買ったが、2メートル伸びている。こういう古典的なバラはJAではほんとうに安い。今年も同じ種類だった。もっと種類があれば良いのに。

さて、土曜日は晴れ。ニュードーンを植えよう。これでやっと名実共にニュー・ドーン地区になる。ニュー・ドーン、新しい夜明け。

[変更] 4月26日 ニュードーン地区には柔らかい場所がもう無くて、断念。ニュードーンはアーチに植えた。

プレゼント人気ブログランキングに投票をして下さる方はここをクリックして下さい
.
.
.
posted by Fantin-Latour, at 15:22| Comment(0) | 苗の入手記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

1300円のバラの大苗、到着

ネットで注文した苗がちょっと早く日曜日に到着してしまったので、大慌てだった。

二つのラヴェンダー・ドリームはそれぞれロングポットに入っていた。このまま山の庭に植えるので10号鉢に入れたところ。

2008年4月21日 003.jpg

緑の色がきれいで、丈夫そう。

こちらはモス・ローズのアルフレッド・ドゥ・ダルマ。奔放な枝ぶり。山の庭の広いところに植えてあげよう。

2008年4月21日 004.jpg

この販売会社の苗はこのように大きなポットに入ってくる。ママン・コシェもジャルダン・ドゥ・バガテルも10号鉢に移すのに、ほんのちょっと土を足せば事足りた。

2008年4月21日 002.jpg

ママン・コシェは花がついている。1年くらい鉢で鑑賞しようと思う。

ジャルダン・ドゥ・バガテル。こちらも状態を見て。

2008年4月21日 001.jpg

このふたつはちょっと旅の疲れがある。しばらく前に注文して発送を待ってもらっていたし、宅急便でも一日留め置いてもらったし、しかたない。

何分にも、これがひとつ1300円というのは安いと思う。というか、1300円で出ているものを積極的に買うことにしている。自分の知らなかったバラにも出会えるし、エコノミーで楽しい。


プレゼント人気ブログランキングに投票をして下さる方はここをクリックして下さい
.
.
.
posted by Fantin-Latour, at 18:15| Comment(0) | 苗の入手記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

レンゲ・ローズをグラウンドカバーに。

昨日バラは買ったし、雨だし、U園芸に寄ったのは、買った2種類のクレマチスの小苗がタグを外したらどちらがどちらか解らなくなってしまったためだった。

が、入荷したばかりのミニバラ、レンゲローズを見て、グラウンド・カバーに採用することにした。300円X9個。

2008年4月06日.jpg

小さな挿し木苗なので、たぶん、ここで大丈夫だと思う。

2008年3月30日 074.jpg

右の木の根が張っているところ。古いチューリップがポツポツでているあたり。

3箇所くらいにまとめて植えたらかわいいかな、と思う。

プレゼント人気ブログランキングに投票をして下さる方はここをクリックして下さい
.
.
.

posted by Fantin-Latour, at 14:11| Comment(0) | 苗の入手記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンテス・セシル・ドゥ・シャブリアンとグロワール・ドゥ・ディジョン

昨日は水曜日、マツキヨのオジさんがいる日。夫が好きなスズランが今年はまだ芽が出ていないので、新しく植えようと思って探したが、どこにもなかった。最後のマツキヨで探そうと思ったのだ。

そうしたら、花後のセールの中にあるよ、とオジさんが教えてくれた。5本株で200円。ふたつ購入。

2008年4月06日 023.jpg

それだけで終わる予定だったのだけれど、新着の新苗を一応チェック。どれももう持っているものばっかりだから、安心して見られる。でも、まだ無いオールドローズの健康な苗が2つあった。

ひとつはグロワール・ドゥ・ディジョンの1280円の苗(右)。どうしてもティー系のバラに惹かれてしまう。暖かいトレリスのアリスターの近くに植えてあげよう。

2008年4月06日 022.jpg

もうひとつはコンテス・セシル・ドゥ・シャンブリアンの1980円の苗。シュートが7本も出ているのが気にいった。

これも1280円にしてあげるというので、流れで素直に買ってしまった。


プレゼント人気ブログランキングに投票をして下さる方はここをクリックして下さい
.
.
.
posted by Fantin-Latour, at 11:08| Comment(0) | 苗の入手記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

ジョイフル本田ではもうバラ苗は買わない。

[ナッシングハム・グローリー]という不思議な名前のバラのことはこちらに詳しく書いたが、その後の成長はこんな感じ。

2008年3月30日 133.jpg

前列左が、一本シュートが出てきた株。その後はシュートは出ない。前列右は赤いポチがいっぱいあった株。芽が8本出てきた。

後ろの2つはゲンコツ剪定してもうんともすんとも言わない。

これは中国産の苗だけれど、昨年のルイーズ・オディエやバフ・ビューティの力強い成長を見ると、ジョイフル・本田の管理が悪かったのだと思う。たぶん、水切れか、スリット鉢に植えるときのやり方とタイミングだ。

ジョイフル・本田では花売り場に担当の人が少ない。萎れている草花がいっぱいあった。

毎年春分のころに行く友だちの家の近くにあるから買ったので、文句を言いに行くとガソリン代高速代がかかるので、ブログでうっぷん晴らしてお終い。

プレゼント人気ブログランキングに投票をして下さる方はここをクリックして下さい
.
.
.
posted by Fantin-Latour, at 15:11| Comment(0) | 苗の入手記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンジェラとつるアイスバーグ

こんな超平凡などこにでもあるバラを今更買うことはないと思っていたが、500円の新苗で出会うと話は別。出品はFさん。紫燕飛舞もフラウ・カール・ドルシュキもジャック・カルティエも3年前はFさんの新苗だった。

超平凡だということは、とても育てやすいということ。ヌワゼットやティーで苦労していて、アイスバーグやアンジェラなら楽なのに、何でこんな面倒なものばかり植えてしまったのだろう、と思っていたから、500円で出ていて嬉しかった。何度でも書く、500円!

2008年3月30日 134.jpg

場所は枯れこんでフロリバンダくらいの高さになってしまったマダム・アルフレッド・キャリエールのトレリス。

プレゼント人気ブログランキングに投票をして下さる方はここをクリックして下さい
.
.
.
posted by Fantin-Latour, at 15:03| Comment(0) | 苗の入手記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

ミニバラ、バレリーナとグリーン・アイスの苗

U園芸で小さな苗が250円で出ていたので、迷わず買った。

2008年3月23日 007.jpg

左の花の苗の中にあるのがバレリーナ。山のピエール・ド・ロンサールのアーチが寂しいのでずっと探していたが、やっと組み合わせるものを見つけた。ちまちまと反対色を組み合わせるより、ぼわっとした同系色がここには合うと思う。

右の元気のよいのがグリーン・アイス。山の石垣ではザ・フェアリーとレッド・フェアリーががんばっているが、石垣が高くて暗いのでもっと明るくしたかった。

といっても、フェンスの石垣側にはほんの少しのスペースしかないので、この小さなグリーン・アイスを見つけたときは嬉しかった。250円というのもとっても嬉しい。

一番初めの構想ではアルべリック・バルビエ2株が蔽ってくれるはずだったが、蔓が伸びるだけで花が少なく、石垣を明るくすることはできなかった。

一方、ザ・フェアリーがいつもたくさん咲いてくれるのを見て、石垣には花は小さくても房咲きで花期の長いものが良いと思うようになった。

自分はオールド・ローズが好きで、香りのないバラなんてバラじゃないと思っていたけれど、偏見だった。

プレゼント人気ブログランキングに投票をして下さる方はここをクリックして下さい
.
.
.
posted by Fantin-Latour, at 12:17| Comment(0) | 苗の入手記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミニバラ、テディベア5株購入

前から欲しかった、テディ・ベア。庭植えにぴったりのサイズの鉢が380円で出たので、5つ買った。

2008年3月23日 013.jpg

東京でこの蕾を咲かせてから、山の庭の3株のグルス・アン・アーヘンの側に植えよう。テディベアの濃い色が足元を引き締めてくれるかな。

オレンジでも退色するタイプが好き。ここにはカフェの大株もある。

少しづつ買い足しているので、なかなか雑誌のお写真みたいに豪華な庭にはならないけれど、着実に良い庭になってきている感じ。

プレゼント人気ブログランキングに投票をして下さる方はここをクリックして下さい
.
.
.
posted by Fantin-Latour, at 11:45| Comment(0) | 苗の入手記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

マダム・アルフレッド・キャリエールとラヴェンダー・ドリーム

マダム・アルフレッド・キャリエールは東南の角にある。東南の角というと聞こえがよいが、実は隣の木の日陰である。昨年植えて、やっとこのくらい伸びている。

2007年10月28日 067sm.jpg

マダムは下のほうが咲かないので、またザ・フェアリーでも植えるかぁと、思っていたが、ラヴェンダー・ドリームがGVのセールで大苗が1300円だったので2つ買った。

この柵は外せるので、柵の外側に植えるつもりだ。

よくあるアンジェラとか、バレリーナとか、ああいう小花で香りがないバラにはちっとも興味がなかった。ザ・フェアリーはMのセールで鉢苗が1000円だったので買ったのだった。

しかし、このようなポリアンサ、シュラブがどんなに効果的か、植えてみて解った。ザ・フェアリーは隣の一季咲きのイスパハンやファンタン・ラトゥールが終わるころに咲き始め、冬近くまでがんばるのだ。

ラヴェンダー・ドリームもローメンテナンスで効果抜群のシュラブのようだ。これ以上増やすならローメンテナンスなものにしようと、種類が100を超えてから、やっと思うようになった私。

プレゼント人気ブログランキングに投票をして下さる方はここをクリックして下さい
.
.
.
posted by Fantin-Latour, at 17:12| Comment(0) | 苗の入手記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

アナベルの丘には一季咲きのバラを

この写真は2007年7月16日で、アナベルが咲き進んでいる。ここでは、アナベルが大きくなる前に咲く一季咲きのバラがいい。

2007年07月16日 026smlegras.jpg

選んだのは先住者のアルキミストの色合いに似たクリーム色を中心に持つ白バラ、マダム・ルグラ・ドゥ・サンジェルマン。初めてのアルバ系だ。棘が少ないこと、日陰に強いことも条件で、これを選んだ。

先住者のアルキミストはつるばらなので、根元にホリホックを植え、種も蒔いてある。この色がうっとりするクリーム色なのだ。

.

バラでもこの色を増やそうと、前から欲しかったトパーズ・ジュエルを加えることにした。こちらは四季咲きで、棘が多いから、場所を考えて。

この写真は2007年11月4日に反対側から撮ったもの。アルキミストの素焼きの大鉢がちらっと見える。

2007年11月04日 038legras.jpg

マダム・ルグラとトパーズ・ジュエルは実際はこのオベリスクの陰になる部分に植えることになる。

アナベルの向こうに、トパーズ・ジェルの黄色、アルキミストの橙色、ホリーホックのクリーム色があって、黄色オレンジ系のバラの場所に誘導していく。という感じ。

色を考えているのは楽しくて、昨年の写真を見ながら新しいバラを検討すると、何時間でも過ぎてしまう。

現実の厳しさにより、予定変更

ここは暗くて寒くて、暖かいところが好きなマダムには合わなかった。家の南壁面のラズベリーの鉢をどけたので、そこに植えよう。

トパーズ・ジュエルはエヴァーゴールドの前に植えることにしよう。ここにあったセヴァスチャン・クナイプがだめになったから。後釜に。黄色の塊になっても良いかな、と思う。(4月10日)


プレゼント人気ブログランキングに投票をして下さる方はここをクリックして下さい
.
.
.
posted by Fantin-Latour, at 15:09| Comment(0) | 苗の入手記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

メイヤンのバラのコーナーを作ろう

メイヤンのバラは、デイヴィッド・オースチンやデルバールが流行る今では流行おくれかもしれない。でも、香りが良い大輪の花が咲く。安いのもとっても魅力。

うちで1番優秀なメイヤンのバラはマガリ。2年前の秋に農協で大きな鉢苗が500円で投売りされていたので3株買った。夫が初めてのHT剪定練習をした。

フロリバンダなのにこの大きさ。手は私の手ではなく、夫の大きな手です。

2007年6月日 002magalism.jpg

でも、ちょっとサーモンがかった私には苦手な色。夫は、きれいだ、きれいだという。それに大きすぎて他の花とぜんぜん調和しない。

そこで、トレリス脇の1番奥に隠れてもらった。ここには先住者のミッシェル・メイアンがある。古いHTで、形も香りも良い。だが、余り咲かなくて、どうしてもマガリに負けそうなのだ。

そこで、1300円で出ていたHTのジャルダン・ド・バガテルを買った。チャイコフスキーも出ていたが、一日考えていたら売り切れてしまった。

ま、ジャルダン・ド・バガテルのほうが、マガリとミッシェル・メイアンの中間的色合いで良いかもしれない。HTはウチの寒さでは余り育たないので、 挿し木でもして数を増やそうかな。

メイヤンのバラは他と合わないけれど、メイヤン同士の混植ってのはメイアンじゃない?

プレゼント人気ブログランキングに投票をして下さる方はここをクリックして下さい
.
.
.
posted by Fantin-Latour, at 14:43| Comment(0) | 苗の入手記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十六夜バラとポリアンサの庭

2006年に木を切ったところにダンプカーで残土を入れてもらって作った庭。夫が種を蒔いた芝生ができかけている。日当たりや風通しの抜群の場所だ。2007年06/23撮影

070623newlandsm.jpg

もともとは駐車場の裏手だったのだが、玄関の前なので、メインガーデンになってしまった。あわてて整備している。あ・・玄関の柵が錆だらけだ・・・

柵のことは頭からどけて、よく写真を見ると、前の日記に書いたハイブリッド・ルゴサを6株植えるのはちょっと大変かな、と思う。

ハマナスは黄色いパンジーの向こう側に植えてあるので、ハイブリッド・ルゴサは黄色いパンジーの場所からラベンダーの小ブッシュまでとなる。ま、新苗だから、どうにか植え込もう。

さて、手前の斜面の縁である。ブロックを置いて土止めしているが、ブロックの谷側に10株の十六夜バラを植えた。M店のおじさんが売れ残りを10株、タダでくれたのだ。悪いから500円払ったが・・。

十六夜バラは枯れかかった株も全部成長した。問題はブロックの右にあるユリオプス・デージーで、寒さで全滅した。(ここにバラを植えようと思って、まだ抜かないである)

ブロックはもう外せるし、デージーも抜けるから、こちらの縁のほうが植えられる。選んだのは世話の要らないポリアンサ。

真っ白なイヴォンヌ・ラビエ2株。手前に植えても棘がないのでOK.弱い返り咲きだが、葉がきれいなので。

四季咲きに優れたマリー・パヴィエ2株。

愛らしい薄ピンクのリトル・ホワイト・ペット2株。

大苗のアルフレッド・ド・ダルマ1株。欲しかったバラ。

この庭は玄関に入るときは右手にこういう風に見える。10月の時点ではユリオプス・デージーも育っていたが・・・花芽がつかないまま枯れていった。そこにポリアンサを植えるわけ。白い柵にパステルの小さな花が合いそう!

2007年10月14日 028.jpg

この白い柵の手前には常駐の八重咲き水仙をずらっと植えた。新しい埋立地はどうしても斜めになるので、夫が古いペグを使って段をつけた。そうやってできた縁に私がクロッカスを植え込んでいるところ。

水仙でもクロッカスでさえも辛かった掘って土をふるう作業。十六夜バラは夫が植えたけれど、球根は私が掘ったのでどれだけ大変かわかる。

でも、夫は昨日も懇親会で遅くなった。朝、「20本買ったよ」と言ったが、あきれられたけれど、OK。言い出すのはタイミングよね。

プレゼント人気ブログランキングに投票をして下さる方はここをクリックして下さい
.
.
.
posted by Fantin-Latour, at 14:10| Comment(0) | 苗の入手記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。