2009年09月30日

秋のコテージ・ローズ・ガーデン、 黄色いバラたち

夏の終わりから咲いていたポリアンサのイヴォンヌ・ラビエの一角に黄色い色が現れた。ゴールデン・ボーダー。

092.jpg

今年来たばかりなので夏に少し咲いたのが2番花だと思っていたが、何本もシュートを出してその先に房咲きになっている。 

099.jpg

あとは、この寒冷地の寒さを乗り越えてくれるかが課題。うまくいったら、花壇に増やしたいな。

黄色いイングリッシュ・ローズたちの中で、絶対成功すると思われるのが今年参入したモーヴァーン・ヒルズ。

049.jpg

ランブラーらしく横に枝を伸ばしている最中なので、花が下向きだが、来年はトレリスに登れるから全部見られるだろう。楽しみ!

上品な色は好きだけれど、パンチがない。そこで夏に導入したグラハム・トーマス。遠慮してか、付いてきた蕾は淡い黄色に咲いた。

048.jpg

モーヴァーン・ヒルズの隣なので、本来のどぎつい山吹色でいいのよ。

実は、グラハムは再々チャレンジ。

初めはピンクもオレンジもごったまぜのバラ園ひとつだったので、オレンジ・黄色系の場所に移植したら、ぽしゃってしまった。

蔓が勢い良く伸びたのに残念だった。

その後、移植は絶対にしないと決めて2つめのグラハムを植えた。
しかしなぜかそこのバラは全滅した。

後から深く掘ってみたら、造成時に足した土の下に母親が昔捨てた台所ゴミがでてきた。ビニールやコンデンス・ミルクの缶まで・・。この血は受け継いでいないことを祈る。

今回の3本目の鉢だけれど、日当たりも良いし、そこそこ育つと思う。

ザ・ピルグリムは河口湖のオルゴール館で良く育っていたので、まあ大丈夫だと思う。

081.jpg

晩年はこういうふうに柔らかい色と花形になる。私もこういう風に淡く年を取りたい。決して、チークや口紅をどぎつく塗らず、アイラインやアイラッシュを黒々と入れたりしないで。

モリニューの黄色はすてきだ。

044.jpg

042.jpg

最後はザ・ピルグリムと同じくレモンイエローになるのだけれど、花持ちが良い。泊まった友人の部屋に生けたら3日持った。

モリニューの向こうにレディ・エマ・ハミルトンがある。

078.jpg

オレンジ系ではないみたいだが、蕾を見るとオレンジ系だとわかる。

079.jpg

葉が汚い。が、薬は使わない。ここで葉をきれいにしたからって、冬を越すわけではないのだ。

冬を越せなくて没になったバラはたいていこんな具合だった。が、もし、泥はねのせいなら、来年背が高くなれば解消する。

私が疲れるから、自立できるバラだけ残ればよいと思っている。このアブラハム・ダービーみたいに。

024.jpg

夏に短く切り戻しても花茎が伸びてうつむいてしまうが、咲くからいいわ。

黄色といえばこんなヴィオラが咲いていた。

036.jpg

今年は思い切っていつも植えるヴィオラを買わずにコボレ種ででてきたものだけにしようと思う。意図的にパラパラと撒いてみた種もある。どれだけ咲くかしら?




posted by Fantin-Latour, at 11:41| @山荘の庭2009年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

ピエール・ド・ロンサールの2番花

9月20日、アーチの上のほうの固い蕾が少し色づいてきた。

008.jpg

ピエール・ド・ロンサールはじわじわと開く。一週間たってもこの程度。

032.jpg

084.jpg

093.jpg

晴れが続いたので良かったが、今朝は雨がいっぱい溜まっていた。

他にもまだまだ開ききらない蕾がある。

067.jpg

085.jpg

今度晴れるのはあさってだけれど、どうなっているかなあ。

アーチの上のほうでは虫に食われている蕾が多いが、それでもなんとか咲きそう。

094.jpg

梅雨の中で咲いた1番花と同じように美しい2番花が見られるとは驚きだった。新苗から4年目で株に力が付いたのだろうか。

他のバラの場合、秋薔薇は色が濃いのに、ピエールはサーモン色が消えて純粋なピンクになっている。そのほうが好みなのでこれも嬉しい。

posted by Fantin-Latour, at 17:31| @山荘の庭2009年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

9月18日のコテージ・ローズ・ガーデン

デルフィニウムの2番花がたわわに咲くバラ園一号地ではスーヴニール・ド・ラ・マルメゾンが咲いている。

004.jpg

白い蕾がゆっくりと開いて、

007.jpg

ロゼッタ咲きの大きな花になる。中央のピンクが濃い。

023.jpg

一番花の6月は梅雨ですぐにだめになってしまった。秋にゆっくりと美しい花を楽しめるのは至福なことだ。

それは大輪のフラウ・カール・ドルシュキも同じで、

045.jpg

このまん丸な蕾の中央が開いて、ここまでになる。

005.jpg

ちょうど数日雨が降らないのでラッキーだ。

一方、ウィンチェスター・キャシドラルのように開花に時間のかからないバラは梅雨でも問題なく咲いた。

秋のバラは小さくなってしまう。

022.jpg

ザ・メイフラワーもたくさんの蕾を立てたが、なぜか3つにひとつは枯れて開かない。

021.jpg

バラも疲れているのかもね。

一棒粉の秋の色はサーモンが強く出て好きになれない。

022.jpg

それにしても、こうなるまで一度も写真を撮ってやらないなんて、風景を作っているのに悪かったわ。

アンファン・ド・フランスは第2子がたわわに。開ききるとグラデーションがきれいに出る。

010.jpg

めずらしく、ブルー・ボーイがぽつんと咲いていた。

002.jpg

ハダニのつらい経験をまだ克服できてないみたい。

毎日どこかで咲いているザ・ジェネラス・ガーデナーだけれど、

015.jpg

急にファンタン・ラトゥールみたいな色になって、私に「好きになってください」と訴えている。

ジ・アルンウィック・ローズは咲いたとたんに皺皺のおばあちゃん。

016.jpg

後ろにデルフィニウム、ブルー・インプが咲いているけれど秋の花です。

夏に友からいただいたマイナーフェアー

017.jpg

赤いバラはほとんど全滅の気候だけれど、この子は強そう。

アプリコット系ではレディ・ヒリンドンがゆっくりと咲いた。

001.jpg

蕾は3つしかないけれど、花が見られるのは私がカメ虫を毎日見つけて潰しているからだ。私の存在意義である。

夏には丸坊主になって心配したレディ・エマ・ハミルトン。

018.jpg

まん丸な蕾を幾つもつけている。ああ、良かった。

ザ・ピルグリムも一株は葉を落としていたけれど、そんなこと思い出せないほど葉が茂った。

019.jpg

株がまだ小さいので下のほうで咲いている。

モーヴァーン・ヒルズは黄色が濃い。

014.jpg

結局は白くなっていくのだから初めは強い色のほうがすてき。

明日からシルバー・ウイークで9日間も夫と過ごすから、次のアップはちょうど10日後。


posted by Fantin-Latour, at 14:42| @山荘の庭2009年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

オールド・ブラッシュは秋の房咲きが豪華

2008年に初めて咲いたときのオールド・ブラッシュは白っぽい花だった。2009年の春の花はピンクがきれいに乗っていて、隣のブラッシュ・ヌワゼットとそっくりになった。

でも、オールド・ブラッシュが一番豪華なのは秋の花。伸びたシュートの先に房咲きになるのだ。

道側から見たところ。

038.jpg

蕾は30個はある。寒いので(太陽が照っていて20度以下だった)ゆっくりと咲き出すから長く楽しめる。

石垣の上の小路から見たところ。

050.jpg

こういう房咲きのシュートがまだ何本もある。

冬肥以外は全くやらないのに勢い良くシュートを出すから、先に房で咲かせても問題ない。

シュートは咲いた後に短く切っておく。秋の花が房で咲く枝は夏に急激に伸びた枝で、芽の出るところも少ないから、始末してよいと思う。

というか、そうやってきて翌年の成長には関係なかった。強いバラというのはそういうものなんだろう。


posted by Fantin-Latour, at 20:50| @山荘の庭2009年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

肉食系女子のバラ庭仕事 バラ園2号地

バラの蔓がフェンスを越えたら、どうするか? 夫は「邪魔だから切ってしまえ」と言った。だから、私は夫の留守にフェンスを足す。

2本の馬酔木の間に立てた一番古いフェンスを外して、張っていた紐や銅線も外して、

024.jpg

新しいフェンスを2つ立てた。

025.jpg

ここのメインは紫燕飛舞。2007年のまだフェンスもなかった時から美しく咲いている。

051.jpg

夏に太い枝が伸びて天辺で咲きはじめた。この枝を新しいフェンスに付けて、株元を整理してやると、2本あったうちの一本はだめになっていた。

028.jpg

馬酔木の葉陰になってしまって、フェアリーブルーも咲かなかった。でも、雑草を取ってやると土はふかふかだった。みみずの活躍地なので。

遅まきながら馬酔木の枝もずいぶん整理したから、これからは日当たりがよくなるだろう。このスペースにはデルフィニウムを植えるつもり。

新しく植えたランブラーのモーヴァーン・ヒルズは日陰でも生育がよく、このフェンスの下のほうは任せられるだろう。

026.jpg

049.jpg

デルバールの黄色い蔓バラ、デューンもここではまだ咲いていないが、新葉が出ているから期待できるかも。

029.jpg

日の当たるトレリスで咲いているデューンは鮮やかな黄色だ。

007.jpg

モーヴァーン・ヒルズのように退色しないので、少量咲けば十分。

さて、芝生に置いた古いフェンスは同じものを3連に使ったところに足す予定。

031.jpg

3連を全部使っているのはザ・ジェネラス・ガーデナー。この写真から飛び出して2メートルも新枝を伸ばしていて、それが夫が切ると言った枝。

ここにもうひとつ足して、その枝をぐわんと持って来ようと思う。

014.jpg

こういう風に咲いてもらう。

昨年新苗だったのに枝が伸びているデルバールのコンテス・ド・セギュールにもこのフェンスが必要だ。斜めに出ている新枝は2本ともコンテス。

033.jpg

でも、ここにはクレマチスが這ってているので、作業できるのはもうちょっと後かなあ。




ちなみに、この写真は9月16日のもの。デルフィニウムが咲いているけれど春ではない。寒冷地へのプレゼントとしてデルフィは2番花も美しく咲かせるのだ。
posted by Fantin-Latour, at 13:59| @山荘の庭2009年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。